"地方に行けば行くほど賃貸物件の数が少ないと感じますが、実際には今は数多くの賃貸が地方にもあるのです。
さすがに都心部ほどの量ではありませんが、案外掘り出し物の物件に住むことが出来るケースが多いです。不動産屋というのは、私達が物件選びをする上でなくてはならない存在なのは確かなことです。
ただし入居者がなかなか見つからない物件を「オススメです」と紹介してくる不動産屋もあるのでお気をつけ下さい。

 

お客さんの本音や不満、またはニーズを受け入れて、親身になって物件を探してくれる不動産屋を選ぶ事が最も大切です。
まず最初にインターネットを利用して不動産屋の評判や口コミ情報などを参考にしてみると良いですね。不動産屋のタイプや、またその不動産屋で情報を提供している物件の特徴を捉えたとしても、不動産屋自体が悪ければ、理想的な物件と出会うことは出来ません。
とにかく物件探しで最も大切なことが良い不動産屋を利用するということであり、これが理想的な物件へと近づくのです。"



■お役立ちメニュー:最初に不動産屋のクチコミ情報を確認しようブログ:16-6-2019

「元気に楽しく暮らすために、介護サービスがあるんですよ」
ケアマネージャーさんの言葉は、正直に言えば、絵空事のように聞こえた。

当時、お父さんは76歳。
腎臓疾患のため、7日間に2回の人工透析に通っていた。

年齢のためか脚の衰えが目立つようになり、
家の中でも杖を使うようにしていたが、
それでも転んでしまうことさえあった。

そんなとき、心配した主治医の先生から
「介護サービスを検討してみては?」と、アドバイスがあった。

お父さんはデイケアを利用することになった。
「男は寡黙が一番」と、
人づき合いが苦手で、頑固で偏屈、細かいことが大嫌いなお父さん。

活動メニューにある
「ちぎり絵」や「レクリエーション」などになじめるだろうか?
他の利用者とうまくやっていけるだろうか?
かえって、ストレスをためることになりはしないか?
…不安だらけだった。

しかし、
お父さんはケアマネージャーさんの言葉を自分なりに消化し、
励みとしたようだ。
あたくしの心配をよそに、介護を積極的に受け入れたのだ。

そしてお父さんは、孫たちの先生になった。
あたくしたちは、お父さんも含めて3世代同居の家庭で、
お父さんにとっての孫が2人いる。
デイケアから帰ると、そこで習ったことを一生懸命に孫に教えはじめたのだ。

孫は、お父さんの帰りを楽しみに待つようになり、
お父さんも孫に教えるため、デイケアでの活動に積極的に取り組む…

あたくしはホッとするとともに、お父さんの変化に恐れ入った。
お父さんはきっと、大きな意識の変換をしたのだろう。
介護という環境に身を任せるのではなく、自分から関わるお父さん。
体の衰えを、意識の変換で受け入れるお父さん。

「元気に楽しく暮らす介護」という
ケアマネージャーさんの言葉は、本当だった。
お父さんの姿に、それを教わった気がする。


このページの先頭へ戻る