■お役立ちメニュー:2年経過をしたら家賃交渉ブログ:19-5-2017


わたくしは、自他共に認めるお子さん好きだと思う。

お子さんは、楽しければ笑うし、イヤなら泣くし。
だから、すごく分かりやすいし、
気を遣われない反面、こちらも気を遣う必要もない。

特に、お子さんと一緒にいると、
なんとかこの子を笑わせようなどと、
変な気が湧いてくるから不思議なのである。

ただ、自分のお子さんはどうかな?
…という一抹の不安はあった。

なぜならば、
ず〜っと一緒にいると、
イライラするのではないだろうか…と案じていたからである。

特に、疲れて帰宅した上に、
夜鳴きでもされた日には、
たまったもんじゃないと思っていた…

すでに、
先輩親父のわたくしの仲間が、
我が子が生まれる少し前に、こんなことを言っていた。
「赤ちゃんって、どの子もかわいいやろ。でもな、自分のお子さんは特別やで」と。

確かに、
赤ちゃんはどの子もかわいいのは、理解できるが、
自分のお子さんはどう特別なのかが、そのとき理解できなかった。

しかし、今なら理解できる!!
とにかくかわいい!かわい過ぎるのである!!

一番、怖れていた夜鳴きすら、
かわいく思えるのだから、人は分からないものだと思う。

そんなかわいい我が子だから、
溺愛ぶりも半端ではない。

特に、わたくしは午前中とよるの少しの間しか一緒におれず、
よるなどはすでに寝顔しか拝見できないのだから、
愛しさもひとしおである。

そんな我が子は、
本当にすくすくと育ってくれている。

顔にも表情が伺えるようになり、
わたくしに似た顔は、ますますわたくしに似てきた。

遊びに来てくれた仲間たちが
口々に親父似だと言ってくれるたびに、
わたくしはニンマリとうれしくなる。


株式会社タイトー
https://cloudpack.jp/casestudy/093.html