"分譲マンションや一軒家など物件を購入するケースが少なくなり、今では賃貸物件を選ぶ人が圧倒的に多くなってきました。
都心部ではもちろんのこと地方にも賃貸物件が続々と建てられており、数多くの物件から選ぶことが出来るのです。もし大家さんや不動産屋と値下げの交渉をしようと思っているのでしたら、家賃と礼金の2つを交渉しましょう。
これら2つの値下げ交渉というのは、よっぽどのことが無い限り難しいので、あまりしつこく値下げ交渉をするのは避けましょう。

 

値下げの交渉をしようと考えている時には、必ず合計支払金額を元にして計算をするようにしましょう。
賃貸契約期間は一般的に二年間となっていますので、値下げ交渉は2年間単位で計算をするようにしましょう。大家さんや不動産屋と交渉をすることが出来るものとしましては、家賃、礼金、敷金が挙げられます。
しかし敷金というのは一時的に大家さんに対して預けるお金で最終的には返還されますので、値下げ交渉をしてもあまり意味が無いかもしれません。"

高円寺 賃貸のコツ
http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/



■お役立ちメニュー:2年経過をしたら家賃交渉ブログ:12-6-2019

「寝る子は育つ」という言葉がありますが、
よく寝る子どもというのは、よく遊んでいる子どもの事だと、
俺は勝手に思っています。

俺にもまだ幼いやんちゃな子供がいますが、
休日に何かイベントがあって外出したりすると、
真夜中はよく眠りますが、
悪天候が降り続いて、あまり外に出かけられないと
寝つきは本当に悪いです。

1歳や2歳の子供でもそうなのですから、
小学生レベルになると眠れない子供もいるのではないでしょうか?

健康を考えるなら、
よく遊び、社会の色々な刺激を受けて、
真夜中は疲れて寝る生活のほうが健康的だと思うんですが…

もう一つ、健康的に育つために
重要な役割を果たしてくれるのが食事ですよね。

近年、この食事で肥満になる子どもが増えています。
確かに一昔前と違って、
終日開いているレストランやコンビニのおかげで、
ウエストが空きすぎて動けないなんて事はなくなりました。

24時間3食の時代から、
24時間に何食も、それも間食つきで…
という時代になってしまった事も事実です。

俺が住んでいるマンションの住人に、小学生の兄弟がいるのですが、
毎日真夜中おそく、向かいにあるコンビニに行って
お菓子を買っています。

主人に頼まれているのかと聞いてみたところ、
自分で食べるとの事でした。
やはりその子どもは肥満体型をしています。

子どもの肥満には食生活が大きく関係しています。
乱れた食生活では肥満になって当たり前です。

また、自分で食事を選ぶことの少ない子どもの肥満を改善するには、
主人の力が大きく関係しています。

可愛さと甘さは紙一重で、
肥満を気にするまで食べさせてしまうのは、主人の甘さです。
良かれと思ってやった事も、
結局つらい思いをするのは、主人ではなく子どもなのです。


このページの先頭へ戻る