"分譲マンションや一軒家など物件を購入するケースが少なくなり、今では賃貸物件を選ぶ人が圧倒的に多くなってきました。
都心部ではもちろんのこと地方にも賃貸物件が続々と建てられており、数多くの物件から選ぶことが出来るのです。もし大家さんや不動産屋と値下げの交渉をしようと思っているのでしたら、家賃と礼金の2つを交渉しましょう。
これら2つの値下げ交渉というのは、よっぽどのことが無い限り難しいので、あまりしつこく値下げ交渉をするのは避けましょう。

 

値下げの交渉をしようと考えている時には、必ず合計支払金額を元にして計算をするようにしましょう。
賃貸契約期間は一般的に二年間となっていますので、値下げ交渉は2年間単位で計算をするようにしましょう。大家さんや不動産屋と交渉をすることが出来るものとしましては、家賃、礼金、敷金が挙げられます。
しかし敷金というのは一時的に大家さんに対して預けるお金で最終的には返還されますので、値下げ交渉をしてもあまり意味が無いかもしれません。"

高円寺 賃貸のコツ
http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/



■お役立ちメニュー:2年経過をしたら家賃交渉ブログ:15-8-2019

「板チョコダイエット」って
皆様聞いたことがありますか?

通常のダイエットと言えば、
「おやつをやめる」とか
「甘いものを控える」などのイメージですが…
この法は三食きちんと食べた上で、
板チョコも食べるという
女性にとっては魅力的なダイエット法なんです!

板チョコそのものは高カロリーなのですが、
脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、
結果として体脂肪率は上がりにくくなります。

また、板チョコに含まれる
カカオバターは脂肪の吸収率がよいため、
同じカロリーのものなら、板チョコを食べた方が
肥満につながりにくいと言われています。

食前に板チョコを食べると、
血糖値がすばやく上昇するので、
食欲が抑えられるのも、肥満の予防につながります。

他にも、板チョコには
集中力や記憶力を高める作用や、
疲労回復効果、血圧の上昇を防いだりする作用があり、
栄養バランスの取れた総合食品とも言われています。

板チョコと言えば、
「甘い」とか「おやつ」とか、
ジャンクフードのようなイメージがありましたが、
実は全然違って、たくさんの効果がある食品なんですね。

ただし、ダイエット効果を期待する場合は
カカオ含有量が70%以上の板チョコを選ぶようにしましょう。

70%以上カカオが含有されていると甘みが少ないので、
普通の板チョコとは、ちょっと違うように感じるかも知れません。

ダイエット効果がある板チョコ、
決して低カロリーな食品ではないので、
食べすぎには注意してくださいね。


このページの先頭へ戻る