"賃貸と言いましてもアパートとマンションがあり、そのタイプによって賃料も大きく異なり物件探しの肝となります。
中には一軒家タイプの賃貸物件もありますので、集合住宅が苦手な人はそのような賃貸も大変オススメです。マンションについてですが、室内の設備や間取りを考えますとアパートと比較をしたところであまり差を感じません。
しかし当然のことですが、生活音やその他雑音が響き渡らないのは圧倒的にマンションタイプなのです。

 

管理体制や共用部分の設備についてですが、マンションにおきましては家賃に限ったことではなく、管理費もアパートよりやや高めに設定されていることが多くあります。
ちなみにアパートでは1000円〜数千円程度となっていますが、マンションの場合は数千円以上からとなります。鉄筋コンクリート造や鉄筋鉄骨コンクリート造などといった耐火構造された集合住宅のことをマンションと呼んでいます。
多少の地震でしたら問題なく崩壊してしまうことはなく、中にはオートロックなど防犯設備が整っているケースが多くなっています。"

中野 賃貸のことなら
http://www.gulliver-nakano.jp/nakano/



■お役立ちメニュー:安全そして安全性のあるマンション型賃貸物件ブログ:17-8-2019

よく減量中は
食事の回数を減らしたほうがいい…
と考えている方がいますが、
それは大きな誤解です!

減量中だからこそ、
24時間3食食べたほうがいいんですよ!

どうして24時間あたりの食事の回数を減らすのが、
減量上よくないのかというと…

例えば、
食事の回数を24時間2食に減らしたとします。
こうすると普段より1食少ないので
それだけで痩せた気になります。

しかし実際は
他の2食の食事量が多くなってしまったり、
1食抜いた安心感から間食をしてしまったり…
結局は24時間トータルの摂取カロリーは
普段より多くなってしまいがち…

また、
24時間の摂取カロリーが一緒なら、
2食よりも3食で摂取したほうが
体脂肪ははるかにつきにくいといわれています。

それは
食事と食事の間があくと、
肉体の中に栄養分を蓄えようとするからです。

つまり、
食事が不規則だったり回数が少ないと、
いつ次に栄養を摂れるか判らないと判断しているんですね。

なので、
24時間1800カロリーなら、
900カロリー×2食で摂取するよりも、
600カロリー×3食で摂取したほうが
肉体に脂肪がつきにくいってことになるわけです。

「7時はどうしても食べる気にならない」っていう人も、
ヨーグルトやシリアルといった軽いものでいいので
食べるようにしてみてくださいね。

こうするだけで、
肉体に脂肪がつきにくくなるので、
結果として減量も上手くいき、
リバウンドの反動も少なくて済みますよ!

7時、少し早起きをして
ごはんを食べるようにするだけで、
減量の成功率がアップする上に、
24時間をスッキリした気分で過ごす事が出来るなんて
まさに一石二鳥ですよね!



このページの先頭へ戻る