"最近人気の賃貸物件が多機能型であり、タワーマンションのような設備と管理がされている賃貸もあります。
都心部では少々割高の家賃となってしまいますが、探せば理想の範囲内で素晴らしい物件と出会えるかもしれませんね。雑誌を確認していて自分の希望に近い部屋があったのでしたら、不動産会社に連絡すれば問題ありませんが、そうでない場合は条件をもう一度考えなおす必要があります。
自分が考えている予算内で物件が見つからないようでしたら、条件を少々広げて再度探してみてください。

 

自分の求めている物件条件の幅を広げることによって、より良い物件に巡り合うことが出来るでしょう。
中には「絶対にこの決めた条件を譲ることは出来ない」という人もいるかもしれませんが、その場合には予定賃料を上げるしか方法は無いのです。不動産屋の担当者に貴方の条件を伝えることが出来たら、その条件が現実に可能なのかを確認しましょう。
実際に不動産屋を利用する前に、ネットや情報誌などである程度の物件の目星を付けておくとスムーズな物件探しが出来ます。"



■お役立ちメニュー:貴方が考えている賃貸条件を設定ブログ:11-6-2019

小さい頃、
わたしはよく怪我をしていたらしい。

自分では記憶に無いが、
ブロックの壁に向かって笑いながら突っ込んで行ったり、
自転車の車輪に足を突っ込んで怪我したり…

いつも姉貴やお兄さんと遊んでいたのだが、
怪我をするたびに
長女である姉貴がママに怒られていたらしい。

だいたいそう言う話が始まると、
娘の頃のビデオの話になる。

ビデオには、
小さかった頃のわたしたちが、
楽しそうに遊んでいる姿が映っている。
それを楽しそうに撮り続けるママ。

ブランコから落ちた娘…
それを楽しそうに撮り続けるママ。
滑り台から落ちた娘…
それを楽しそうに撮り続けるママ。

どんなに泣き叫んでも、
誰も駆け寄ってくることは無く、
娘の泣き声とともにママの笑い声が…

見るたびに
「普通、親は子供がブランコから落ちて泣き叫んだら
走って抱きかかえに行くんじゃないの?」と、
ママに問いかける。

するとママは、
「ちゃんと自分の力で立ち上がってほしいから助けに行かなかったのよ。
それに、あの姿を見ているのが楽しかった!」
と笑いながら言った。

こんなママに育てられたせいなのか
残念なほどにその気持ちがすごくわかってしまう…

おかげでそんな話も笑って話せるように育ったし、
精神的にも丈夫に育った気がする。

今では
全然見なくなったビデオは
ホコリをかぶっていてまともに映るかどうか分からないが、
わたしはたまに見たくなるときがある。

時々でいいから、
こんな話を笑って話し続けることができたらいいなって思う。

その度になんだかホッとするから…
その度にこの両親の娘でよかったなって思えるから…

笑い声の絶えないこの家族がわたしは大好き!
父とママに心から感謝!!

このページの先頭へ戻る