"賃貸を探す時にコンビニや本屋で賃貸情報誌をまずチェックされる人も多いかと思います。
ここで気を付けなければいけないのが、そのような情報誌に掲載されている賃貸はすでに埋まってしまっている可能性が高いということです。便利さでしたら通勤や通学に合わせたチェックが必要となってきますので、時刻表などと照らし合わせてチェックしましょう。
昼間の状況だけではなく、夜間タクシーで帰宅したり出掛ける人もいるでしょうから、タクシーに関する情報も集めておくようにしましょう。

 

生活の便利さは人によって異なっていますので、下見でのチェックポイントは自分の生活のことを考えながら実施しましょう。
まずは自分のライフスタイルをまとめてから現地へ下見に行くのが賢い方法と言えます。部屋探しで下見というのはまさに必須であり、室内は当然のこと、周辺も細かく確認して、納得の部屋を探すようにしましょう。
どんなに不動産屋で説明されてもわからないことは数多くありますので、現地調査でしっかりと確認をしておくことが大切なのです。"

ソファベッドはこちら
http://innersofa.com/list/10022.html



■お役立ちメニュー:実際に暮らしているイメージで現地調査ブログ:11-8-2019

シェイプアップで目標体重になった後に
気になるのは「リバウンド」。

リバウンドが起こる原因は
「ホメオスタシス」なんだそうです。

ホメオスタシスというのは、
体質を常に一定に維持しようとする生命維持機能のことで、
シェイプアップ終了後は、
これを定着させることが必要なんですって!

シェイプアップを始めると、
1日の摂取カロリーを減らすため
最初は順調に体重が落ちますが、
停滞期になると体重が落ちなくなります。

この時ホメオスタシスは、
体質に入ってくるエネルギーが少なくなったため、
体質のエネルギー消費量を減らして維持しようとしますが…

しばらくすると、
減らした食事量でも体質は十分維持できると判断し、
エネルギー消費を元に戻します。

これと同様にシェイプアップ後も、
ホメオスタシスが落ち着くことにより
体重維持が出来るようになります。

もしこれが落ち着く前に食事量を戻してしまうと、
基礎代謝は減っているのに摂取カロリーが増えるため、
結果的に脂肪として蓄積しリバウンドしやすくなってしまうので、
シェイプアップ後ひと月は、
ゆっくりと体質をならす事が大切なんです!

なので、
シェイプアップ後の食事は
シェイプアップ中と同様に1日3食をバランスよく摂り入れ、
食事の量はひと月かけて
ゆっくりと戻していきましょう。

体質を作るたんぱく質、
体質の調子を整えるビタミン・ミネラル・食物繊維をしっかり確保しながら、
エネルギー源となる糖質は適度に、脂質は控えめにしましょう。

そして、
シェイプアップ中に行っていたトレーニングも
ストレスにならない程度に続けましょう。
トレーニングを続けることで基礎代謝を維持出来るため、
リバウンドしにくい体質になりますよ!

このページの先頭へ戻る